蓮華☆香房~Body☆Mind☆Spirit☆~


癒しのサロン
by renge-koubo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ハーブ効能( 6 )

バジル

e0034810_1461486.jpg


学名 Ocimum basilicum
科名 シソ科
主な産地 エジプト、北アフリカ、フランス、キプロス


バジルの名前は、「王」を意味するギリシア語の「バシリコ」に由来しています。バジルのハーブは、古くから料理や薬用に広く用いられ、親しまれてきました。エジプト人は、バジルで冠を編んでいましたが、これはバジルの香りに意識を覚醒させる効果があることが知られていたからという説があります。インドの伝統医学、アーユルベーダーでも、様々な心身のトラブルに対して用いられてきたハーブです。

バジルの香りには、疲れた感覚をほぐして鋭敏にし、集中力を高める働きがあるとされています。仕事や勉強中に疲れを感じたときには芳香浴で使えば、スパイシーな香りが気分をフレッシュしてくれます。長時間パソコンを使用したり、目をよく使う人方には、アロマバスやハンドバス(手浴)でリフレッシュするのもおすすめです。

☆精神面

無気力。
グランディング。
憂鬱症。

☆身体面

ダイエット。
去痰・健胃・解毒。


☆肌

皮膚の細胞の再生。

皮膚の炎症。
ひび割れ。
にきび・湿疹。
[PR]
by renge-koubo | 2006-10-23 14:17 | ハーブ効能

ジュニパベリー

e0034810_6571246.jpg


ジュニパー JUNIPER
学名: Juniperus communis
科名: ヒノキ科
種類: 潅木

【 原産地・分布・生産地域 】
原産は北ヨーロッパ、アジア北部、カナダなどの北半球。

お酒の「ジン」特有の香りは、実はジュニパーの香りです。
空気を浄化する作用もあり、昔、フランスの病院ではジュニパーとローズマリーの小枝をたいて空気を浄化していたそうです。フランスから遠くはなれたチベットでも、コレラや腸チフスなどの感染症から人々を守るために使われていました。また、魔除けとして飾ったり牛乳が腐らないようにジュニパーの枝で掻き混ぜたり、ワインが腐らないように実を入れたりして利用されています。

☆精神面

不安、ストレス症状
神経性の緊張

☆ 身体面

風邪、インフルエンザ、感染症
動脈硬化、静脈瘤
老廃物、毒性物質の排出
関節炎、痛風、リューマチ
セルライト、肥満に
膀胱炎、有痛排尿困難
むくみ

☆肌

にきび、湿疹、脂性肌
皮膚炎、肌理の整調

脱毛

☆婦人科系

無月経、月経困難症

◆禁忌

子宮の筋肉を刺激しますので、妊娠中の方。
腎臓疾患の方。
[PR]
by renge-koubo | 2006-10-22 07:04 | ハーブ効能

ハイビスカス☆

e0034810_952623.jpg
e0034810_953959.jpg


ハイビスカスチンキを3週間ほど漬けました。
早速化粧水に・・・
綺麗な色でしょう~☆
みてるだけで涼しげ・・・
使用感はさっぱりしっとりで、ビタミンCがたっぷり含まれれているのでシミ対策にもなりそう。

e0034810_965536.jpg

ハイビスカス
ブッソウゲ(学名Hibiscus rosa-sinensis)
(英名rose of China、Chinese hibiscus)
別の名前でロゼーラという。

・葵(あおい)科。
・ Hibiscus は、エジプトの神「Hibis」とギリシャ語の「isko(似る)」が語源らしい。

有効成分
アントシアニン系色素・リンゴ酸・クエン酸・ハイビスカス酸・アミノ酸・ビタミンC・鉄・カリウム・カルシウム ・ミネラル

薬効
強肝・強壮・健胃・利尿・代謝促進

効用
運動疲れ・パソコンの疲れ目・二日酔い・夏ばて防止・煙草の吸い過ぎ・食べ過ぎ
・肌荒れ・むくみ防止

利用部分
花がしぼんだ後のガク(ティー・ジュース・テンプラ・味噌汁・お酒の着色にも)

・生葉は煮物に・乾燥葉は刻んでお茶に

観賞用としてのハイビスカスとは違います。




・夏に開花する。

・インド洋や太平洋の島々が原産地。
ハワイに持ち込まれてから広まった。 ハワイ州の州花。
摘んでもなかなかしおれないので 「レイ(花の首飾り)」に使われる。

・ネパールでは聖なる花として大切にされている。

・学名は「ヒビスカス」だが、一般には「ハイビスカス」と呼ばれる。

・別名「仏桑花」(ぶっそうげ)。
漢名の「扶桑」に「花」をつけて「扶桑花」と名づけたものがさらに変化して「仏桑花」になった。 「仏桑華」と書くこともある。

・7月11日、9月22日の誕生花

・花言葉は「勇ましさ」「華やか」

~HAPPY LOTUS ☆ブログ併用記事~
[PR]
by renge-koubo | 2006-08-28 09:07 | ハーブ効能

カレンデュラ

e0034810_0465842.jpg

昔から春になるとヨーロッパの家の庭には太陽のハーブとも呼ばれるオレンジ色の花、カレンデュラ(Calendulaofficinalis;日本ではキンセンカと呼ばれ、1700年頃に渡来。花屋で見かける切り花はトウキンセンカ)の花が咲き誇ります。

この光景は寒い冬を耐え、待ちこがれた春の温かい光が庭に一層強く感じられるようです。中世の教会のお祭りで聖母マリアに捧げられたとしてマリーゴールドとも呼ばれます。このカレンデュラは実用面でもとても役立ちます。

オレンジ色の花びらにはダメージを受けた皮膚や粘膜、毛細血管の修正を速やかに促すカロチンや殺菌作用、収斂作用があるタンニンやカレンデュリンが含まれるので、昔から擦り傷、切り傷、手あれなどに最も効果のあるハーブの1つとされています。その他、女性ホルモン(エストロゲン)に似た物質が含まれていて、月経周期を正常にしたり、更年期障害の緩和にも役立つと言われています。

ヨーロッパの人々は庭に咲くカレンデュラの花を摘み、乾燥させオリーブオイルに漬けて成分を抽出しこどもの外傷や打撲、お母さんのしもやけや火傷などにも用いてきました。

体毛を薄くさせると報告した研究もあるので気になる方は試す価値があるかもしれません。消化管や婦人科のトラブルの緩和にはティースプーン1杯分の乾燥した花に200ccの熱湯を注ぎ、5~10分蒸らして服用します。妊娠中はお茶の服用は避けましょう。

女性の味方であると共に、外的な傷だけでなく心のトラウマにも作用するそうです。

ホメオパシーのレメディーにもあって、カレンデュラハ心と体の傷を治すレメディーとして知られています。

ハーブの威力ってすごいですよね☆
[PR]
by renge-koubo | 2006-07-23 00:45 | ハーブ効能

ローズレッド☆

e0034810_1139234.gif

鎮静、緩和、収れん作用があると言われ、神経性の下痢、神経過敏、精神不安、情緒不安定ホルモン分泌の調整、生理痛、生理不順、更年期障害の緩和、消炎・強壮作用、美肌効果があり、高貴な香りでふさぎ込んだ気持ちを明るくしてくれると言われています。



ハーブティーとして・・・
口に含むとローズの味がふわっと広がり、さっぱりとしてくせがありません。シングルでもお飲みいただけますが、中国茶やお酒とも合うのでブレンドしてローズの香りを楽しむのもおすすめです。


お風呂に・・・ローズレッドの花を入浴剤として使うとすぐれた美肌効果があるうえに、美しい花びらを浮かべたバスタブで華やかな香りに包まれて、リラックス効果も抜群です。


その他の利用法・・・ ・うがいに・・・のどが痛いとき2倍の濃さの浸出液で
              ・ゼリー、ジャムなどに
              ・ポプリに
              ・化粧水に


こちらも女性には万能です。
ダマスクローズウォーターにローズオイルを入れて、さらにこのチンキを加えればゴージャス化粧水が出来上がりますね☆
[PR]
by renge-koubo | 2006-07-22 11:49 | ハーブ効能

ローズマリー☆

e0034810_9275682.jpg

地中海沿岸地方の代表的なハーブ、ローズマリー。
若返りの妙薬と古くから有名な化粧水の主成分がローズマリーと言われています。

中世のヨーロッパ。エリザベートは14世紀のハンガリー王妃。70歳を過ぎるころから、老齢のために健康を害してしまいました。そんな彼女のためにイタリアの修道院で作られた、いわゆるチンキ(ハーブをアルコールで漬け込んだもの)が献上されました。エリザベート王妃は、そのローズマリーが入った液体を塗ったとも、飲んだともいわれていますが、とにかく、その魔法のような水で、みるみる元気になったというのです。エリザベートは肉体的な健康を取り戻しただけではありませんでした。70歳を過ぎていた彼女に隣国ポーランドの王子(20代半ばといわれています!)がプロポーズしたのです。70歳を過ぎた女性と20代の男性・・・!このエピソードから、このローズマリーのチンキは”ハンガリー王妃の水(ハンガリアン・ウォーター)”と呼ばれ、”若返りの水”の別名を持っています。

心の面ではこんな効果があります。
疲労している時や、無気力に効果があります。
気分を元気づけ、心を強化してくれます。
頭脳を明晰にし、記憶力をよくします。仕事部屋や勉強部屋に向きますが、使いすぎに注意。


体の面ではこんな効果があります。
脳細胞に効果があるので、頭痛や言語、聴覚、視力などの回復を助けます。
筋肉痛、痛風、リウマチ痛などを和らげます。
肝臓、胆のう、消化器官にも、よい効果を発揮します。
水分が滞留したむくみや肥満を改善します。


美容の面ではこんな効果があります。
肌を強化し、引き締める効果があります。
たるんで、しわのある、老化した肌を若返らせる効果があります。
フケ、脱毛に悩む頭皮を改善し、髪の成長を促進します。

☆ローズマリーは刺激性のある精油ですので、妊婦や高血圧、てんかんの方は使用しないで下さい。又、使いすぎに注意して下さい。


ローズマリーの化粧水作りたい!
すでに色づいていて、チンキが良い感じです。
アロマオイル(精油)ではよく使用していたけれど、チンキもかなり万能ですね。
手作りって感じもいとおしくなります~

収斂効果も期待できるので、これからの季節にはぴったりですよね~
コスメ講座参加したい方いらっしゃいますか?
[PR]
by renge-koubo | 2006-07-20 09:46 | ハーブ効能

LINK

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧