蓮華☆香房~Body☆Mind☆Spirit☆~


癒しのサロン
by renge-koubo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今宵・・・満月☆七夕

e0034810_01137.jpg

e0034810_06159.jpg
e0034810_062913.jpg
e0034810_064668.jpg
e0034810_07268.jpg


今世紀中に日食と七夕と満月が重なるのは、今日だけだそうです

今宵の満月パワーは強力です
月が太陽のエネルギーを受けて、月のパワーが増大しています

あなたの願い事を月にお願いしてみましょう


今月は皆既日食が46年ぶりに起こります

7月のお月様は、パワフルです

月の波動を感謝しながら存分に受けてください
[PR]
by renge-koubo | 2009-07-07 23:02 | 日々

女神のいる湖

e0034810_1910503.jpg
e0034810_19111948.jpg
e0034810_19115164.jpg
e0034810_19122322.jpg
e0034810_19124575.jpg
e0034810_1914159.jpg
e0034810_1919511.jpg
e0034810_19194578.jpg
e0034810_19195939.jpg
e0034810_19213581.jpg



祖母の実家すぐ近くに滝の頭という湧水を満々とたたえた場所に行ってきました。

遠方から清水を汲みに来る人々もいました。

この地域でも、知る人ぞ知るスポットだそうです。


清水の汲み場所からさらに奥へ入ってしばらくすると、湖があります。

幼稚園の頃から遊びに行っていた場所で、当時は今よりもっと秘密の場所っぽくって、私の秘密基地でした(*^_^*)


先日午前中に湖を訪れました。


し~んとした静寂の中、水の神様や龍神様や妖精達がひっそりと棲んでおられました。


キラキラと澄んだ優しいエネルギーがその湖から溢れ出て、女神が姿を現しました。

この写真から感じ取る方もいらっしゃると思います。


ここに呼ばれたのだと感じました。

女神からのメッセージは素晴らしいものでした☆

個人的な内容だったので、秘密にいたします


このブログをご覧の皆様にも、湖のエネルギーを写真から☆

是非受け取ってください☆★☆
[PR]
by renge-koubo | 2009-06-08 19:34 | 日々

虹☆rainbow

e0034810_19485938.jpg
e0034810_19491491.jpg
e0034810_19493164.jpg

                                   photo by 社員Junko.K

我がオフィスの窓から虹が見えました。
そろそろ帰ろうかと窓を振り返った瞬間、大きな窓から溢れるほどの大きな虹rainbowが姿を現していました。

大きな弧を描いて~
その上にうっすらともう一本。

そう、ダブルレインボーなんです(*^_^*)

東京でダブルビッグレインボーを見たのは生まれて初めてです。
まるでハワイHAWAIIにいるかのような錯覚に陥りました。

土用も明けて、虹を見た瞬間全てが癒されました~

自然の力・自然の癒しって本当に偉大です。

虹を見ていると、たくさんの天使がはしゃいで踊っているのが見えました。

そして虹が姿を徐々に消していくと、今度は土砂降りの雨。

今年のエネルギーは本当に早いです。

浄化~の雨が・・・  すぐに。


何か予感がします・・・☆彡
[PR]
by renge-koubo | 2009-05-08 19:58 | 日々

皆既月食

e0016095_12232935.jpg

友人が知らせてくれました☆

今日は6年ぶりの皆既月食です
赤銅色のお月様が見れるかも ・・・

東京は6時30分~9時00分まで一度夜空を見上げてみましょう (^_^)/

皆既月食とは?調べてみました。

国立天文台より抜粋↓

8月28日の月食(本影食)は、17時51分に始まります。しかしこの時刻には、日本のほとんどの地域で月が地平線の下にあり見られません。したがって月は、月食が始まった状態(月が欠けた状態)で地平線から昇ってきます(「月出帯食」といいます)。月食の経過は日本全国どこでもほとんど同じ時刻ですが、月の出の時刻は観察する場所によって大きく異なります。東京では18時11分に月の出となりますが、この時の月は約3割ほど欠けた状態で昇ってきます。大まかにいうと、東日本ほど早い時間帯に月の出となります。このため、月食を観察できる時間は東日本ほど長くなります。また皆既月食が始まるときの月の地平線からの高さも、東日本の方が高く、条件が良いことになります。

 皆既食は、18時52分に始まります。このとき、月は本影の中にすっぽりと入り込んでしまいます。皆既食はこのあと、約1時間半続きます(なお、南西諸島の一部では、皆既食となった後に月の出となります)。
 食の最大(月が、本影の最も中側に入り込むこと)は、19時37分です。そして再び本影の縁に月が差しかかり、皆既食が終わるのは20時23分となります。ここからは約1時間部分食が続き、21時24分に月食が終わります。

 この後もまだ月は半影の中を通過しているため、しばらくは薄暗い部分が月面に残って見えるかもしれません。この半影食は22時23分まで続きますが、半影の縁ははっきりしないため、いつ終わったかを見極めることは困難です。いつの間にか、明るい満月に戻って見られるでしょう。

[PR]
by renge-koubo | 2007-08-28 12:27 | 日々

ご紹介



月刊『貯徳時代』では、「貯徳(与えることを喜びとして多くの人々に
貢献する行為)を日々の生活の中で実践している方々をご紹介します。

日本一の個人投資家の幸せに豊かに生きるための知恵や
ベストセラー作家やビジネスオーナー、超人気講師など各界で
活躍している方たちによる「人生の成功者」 となるための秘話を知ることができます!

無料で創刊記念3部作をご覧いただけます。
→ http://da-na.jp/
[PR]
by renge-koubo | 2007-08-23 00:11 | 日々

夏用香袋☆

e0034810_11424227.jpg


先日友人と夏用香袋を作りました ♪

オーガニックな香原料で、ちょっとスパイシーな香り。
暑さでぐったりした時、バックに忍ばせたこの香袋でリフレッシュできそうです。

左 友人作
右 mierin作

香袋作りは久しぶりでした~
ワークショップもここ最近はずっとインセンスだったから、9月は香袋のワークショップをしてみようかな~
[PR]
by renge-koubo | 2007-08-16 11:45 | 日々

漢方バスソルト

e0034810_2227584.jpg

我がサロン大人気の漢方バスソルト(いつも売り切れでごめんなさい)のご依頼がありました。
明日出荷します。

友人主催のイベント『レインボウコネクション』で、安らぐお土産として漢方バスソルトを提供させていただきました。

今回はほぼ原価です(^_^;)
がんばりました(^_^)/

病”という試練をテーマにしたイベントですので、ささやかですが私の気持ちとして・・・

ご興味のある方はご参加下さい!
7月25日(水) マヤ暦の時間をはずした日です。


漢方バスソルトはサロンにて販売しております。
漢方バスソルト← ぽちっとね。
[PR]
by renge-koubo | 2007-07-22 22:38 | 日々

a typhoon

日本列島横断のこの台風

まさに天の恵みですね

地球を浄化し・・・
  日本を
浄化し・・・
     人を浄化してくれる・・・
地球も自分も同じということ。
どちらかをおろそかにするのではなく、
地球も自分も大切であるということ。


癒さ
れ浄化されていく

ありがたいこと


そして昨日の新月と重
なって今日もパワフルな浄化エネルギー
いっぱい

このさい、Body☆Mind>☆Spirit☆ を一気に浄化しちゃいましょう~

もっと気持
ちよく・・・
  もっと軽く・・・  ね

[PR]
by renge-koubo | 2007-07-15 07:35 | 日々

777


e0034810_14124516.jpg

e0034810_14132374.jpg

2007年7月7日 七夕

女性性と男性性の統合・・・


生きとし生けるものすべて……植物…人類…動物…そして自然
…  平和でバランスの取れた状態に


七夕伝説


夜空に輝く天の川のほとりに、天帝の娘で織女と呼ばれるそれは美しい天女が住んで居ました。
織女は、天を支配している父天帝の言いつけをよく守り、毎日機織りに精を出していました。
織女の織る布はそれはみごとで、五色に光り輝き、
季節の移り変わりと共に色どりを変える不思議な錦です。
天帝は娘の働きぶりに感心していましたが、年頃の娘なのに
お化粧一つせず、恋をする暇もない娘を不憫に思い、
天の川の西に住んでいる働き者の牽牛という牛飼いの青年と結婚させることにしました。
こうして織女と牽牛の二人は、新しい生活を始めました。

しかし、結婚してからの織女は牽牛との暮しに夢中で毎日はしゃぎまわってばかり。
機織りをすっかり止めてしまったのです。
天帝も始めはこんな二人の様子を新婚だからと大目にみていましたが、
いつまでもそんな有様が続くと眉をひそめざるを得ません。
天帝はすっかり腹を立ててしまい、2人の所へ出向くと、
「織女よ、はたを織ることが天職であることを忘れてしまったのか。
心得違いをいつまでも放っておく訳にはいかない。
再び天の川の岸辺に戻って機織りに精を出しなさい」更に付け加えて...
「心を入れ替えて一生懸命仕事をするなら1年に1度、
7月7日の夜に牽牛と会うことを許してやろう」と申し渡しました。

織女は牽牛と離れて暮すのがとても辛く涙にくれるばかりでしたが、父天帝に背く事もできず、
牽牛に別れを告げると、うな垂れて天の川の東に帰って行きました。

それ以来、自分の行いを反省した織女は年に1度の牽牛との再会を励みに、
以前のように機織りに精を出すようになりました。
牽牛も勿論思いは同じ、働いて働いて...7月7日を待ちました。
こうして、牽牛と織女は互いの仕事に励みながら、指折り数えて7月7日の夜を ...

ところが、2人が待ち焦がれた7月7日に雨が降ると、
天の川の水かさが増して、織女は向こう岸に渡ることができなくなります。
川下に上弦の月がかかっていても、つれない月の舟人は織女を渡してはくれません。
2人は天の川の東と西の岸辺にたたずみ、
お互いに切ない思いを交しながら川面を眺めて涙を流すのでした。

7月7日に雨が降れば...そんな2人を見かね何処からともなくかささぎの群が飛んできて、
天の川で翼と翼を広げて橋となり、織女を牽牛のもとへ渡す手助けをしてくれるのだそうです。


北東から南西の宵の空高く天の川が流れ、 その両側の岸辺にはべガ(織姫)とアルタイル(彦星)、天の川の川下には、 なかなか会えない2人の間を無情に通り過ぎる、連れない舟人にたとえられる上弦の月がかかり、 中国に古くから伝えられてきた七夕伝説の夜をみることができます
[PR]
by renge-koubo | 2007-07-07 14:13 | 日々

Blue moon ブルームーン

e0016095_1252121.jpg

e0016095_12522750.jpg

今宵はブルームーン

お月さまが青くなる、というような天文現象があるわけではありませんが・・・
ブルームーンとは、ひと月に2回の満月のあるとき、その2回目の満月のことを言います。
このブルームーンのお月さまを見ると幸せになれるそうです。
今宵はお月様見えるかな?
[PR]
by renge-koubo | 2007-06-30 12:57 | 日々

LINK

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧